[Buzzvil News] スマホメーカーや通信事業社でも手にすることができる、新たな収益獲得法とは?
[Buzzvil News] 事務所移転のお知らせ
2月 25, 2019
[Buzzvil News] オープンイノベーションの祭典「JAPAN OPEN INNOVATION FES 2019」ブース出展のお知らせ!
5月 30, 2019

[Buzzvil News] スマホメーカーや通信事業社でも手にすることができる、新たな収益獲得法とは?

Softbank Ventures Koreaや他VC数社から出資を受けているBuzzvilは、世界最初で最大のロック画面広告プラットフォーム(BuzzScreen)としてサービスを開始後モバイル広告業界において革新を続けてきました。

さらに現在ではロック画面だけでなく、フローティングメニューやBuzzAd Benefit Popのサービスも開始し、スマホメーカー、通信事業者やアプリ開発者のさらなる収益化とユーザーエンゲージメントを図るために事業を拡大しております。

 

 

ロック画面広告プラットフォーム(BuzzScreen)を使用すると、ロック画面機能専用アプリとして、1日に60回、11分ごとに目にすると言われているスマホのロック画面上にコンテンツや広告を表示することができます。ロック画面機能専用アプリをインストールしたユーザーは、上下にスクロールしカスタマイズ可能なコンテンツを探したり、左右にスワイプしロック解除する前に1クリックで気になるコンテンツを読むことが可能です。

現在、スマホメーカーとも提携しており、このBuzzScreenのサービスが搭載されたスマホを購入したユーザーはロック画面上にコンテンツと広告を表示する代わりに、そのスマホの端末代の割引を受けることができます。さらにBuzzScreenを導入したパートナーはロック画面広告を通じて、追加の収益を獲得することが可能です。

 

 

上記の画像の様に、BuzzAd Benefitはロック画面にコンテンツと広告を表示させるだけでなく、他のアイコンの邪魔にならないフローティングメニューBuzzAd Benefit Pop、カスタマイズ可能なユーティリティを追加することでユーザーの利便性を高めることが可能です。

もちろんパートナーはこのフローティングメニューにネイティブバナーを表示することにより、新たな収益を獲得します。

 

スマホメーカーや通信事業者にとって、このBuzzvilが提供するロック画面広告プラットフォームはユーザーへのロイヤリティープログラム(ポイント付与)としても利用でき、高いリテンションを提供することができます。
さらに、非常に安定したシステムをベースとしたサービスを提供しており、シンプルな導入によりリスクを最小限に抑えた利用が可能です。これにより、ユーザーとパートナー両方にメリットを提供する事ができます。

 

25日よりバルセロナで行われているMWCに弊社もブース出店いたします。もし弊社のサービスにご興味がある方、MWCへ行かれる方は是非下記までお気軽にご連絡を下さい!