[Buzzvil News] G-STAR 2018がいよいよ今週開催!本日はゲーム動画広告の効果をご紹介!
[Buzzvil News] 韓国大手EC「WeMakePrice」と提携!お買い物の際に使用可能なポイントを貯めることが出来る、ロック画面専用アプリをリリース!
10月 22, 2018
[Buzzvil News] 「JR東日本スタートアッププログラム」デモデイのご報告
12月 3, 2018

[Buzzvil News] G-STAR 2018がいよいよ今週開催!本日はゲーム動画広告の効果をご紹介!

韓国最大であるゲームカンファレンス「G-STAR 2018」が今週15日より始まります。毎年優秀なゲームクリエイターが多く参加され、ゲーム業界をリードする大きなイベントです。

本日のブログではゲームの動画広告についてお話いたします。

Adcolonyのレポートによると、2017年のモバイルゲーム収益の内31%が動画広告を占めており、これはゲームアプリ内課金の次に多い、第2位となっております。

また動画広告の中でもリワード型視聴動画広告が最も高い効果と言われております。

※Forbes記事参照

弊社が提供する、世界最大のロック画面プラットフォーム「BuzzScreen」のサービスにも多くのゲーム業界の広告主より動画広告に関するお問い合わせを頂いております。

弊社のBuzzScreenでは1日に60回も目にすると言われているスマホロック画面の全画面を使い、動画広告を表示することができます。またロック解除やコンテンツを読むことでランダムにポイントが貯まるリワードアプリとして、ユーザーには非常に効果的でポジティブな表示方法となっております。

以下にBuzzScreenへご出稿頂いた、ゲーム広告主様をご紹介いたします。

  • SNGゲーム「Town’s Tale with Ebichu」の動画広告は20万回以上視聴され、ブランド認知度が高まりました。
  • MMORPGゲーム「Yamang」は6.64%という高いCTR(Click Through Rate)が出ております。
  • MMORPGゲーム「Poongshin」は広告出稿の前ではGoogle Play Storeのアプリランキングでランク外から、キャンペーンを開始たった6日後に5位にランクインしました。
  • MMORPGゲーム「Guardian」は8月16日から29日まで出稿頂き、ランキングを327位から上位にあげた一つの要素となりました。

BuzzScreenへの広告出稿メニューでは、多くの効果的で正確なターゲティング設定をすることができます。本社韓国のパートナーであるOK Cashbag、CLiP、CJ ONEなど、世界で50社と提携しているため、年齢、性別、日別、デバイス、モバイルキャリア、モバイル利用パターン、関心などに基づいて多様なユーザーに広告を配信することができます。

今年のG-STAR 2018には弊社のセールスチームも参加しますので、広告主、広告ネットワーク、DSP、SSPなどロック画面への広告出稿を試してみたい方は是非お声かけ下さい!

BuzzScreenは毎月のアクティブユーザー数(DAU)が月間300万、月間54億に達しています。 BuzzScreenを利用したユーザーエンゲージメント・新たなマネタイズや、ロック画面という新たな広告枠への出稿にご興味がございましたら下記までお気軽にご連絡下さい。